不動産担保ローンの基礎知識

不動産担保ローンとは

不動産担保ローンとは不動産を担保にすることで、低金利で多額を借り受けることができるものですが、メリットばかりでなくデメリットも多いので注意が必要です。

メインイメージ

不動産担保ローンの基礎知識

不動産担保ローンとはその字のごとく、不動産を担保にお金をかりることであり、例えばキャッシングであればその人の返済能力に比例した金額を借り受けますが、不動産を担保にするため、キャッシング等のような返済能力はさほど重視されずに多額を借り受けることも可能にするローンで、貸す側の金融機関も不動産が担保なので貸倒れされるリスクが小さいために金利も低く抑えられており、不動産を持っている方には有益なローンであると思われます。

このように、低金利で多額の借り受けができるので、事業資金などであてにすることが多いようですが、借りられるからといってあまりに多く借りてしまうと返済不能になれば担保になっている不動産は当然とりあげられますし、地価の値下がりなどで借り受け当初の金額よりも価値が下がっていればその差額を支払う義務も生じることとなりますので、不動産が担保だからと安心するのではなく将来の返済計画を綿密にたてておく必要があります。

また不動産担保ローンのようなものを利用している場合は、個人再生という倒産処理再生制度を利用できるものの住宅を守ることはできず、この個人再生という制度の一番の意義である住宅を守る権利が損なわれることになります。
知っておきたい情報サイト→http://www.e-quicksearch.com/

Copyright (C) www.lemonadedietpro.com. All Rights Reserved.

不動産担保ローンとは